yuhasoの天体写真日記

天体写真のブログですけど、

地球の出は月からは見えない

球の出 有名ですよね

ただ、実はこれ日の出と同じ感覚でみることができないんです。

 

まず見てみよう

まずは画像は見てみましょう。

ja.wikipedia.org

 

 史上最も影響力のあった環境写真

 

あまり環境写真というイメージはありませんが、相当な衝撃の写真だったんでしょうね。

 

 

これだけでなく、日本の「かぐや」の地球の出も有名です。

www.jaxa.jp

 

日の出はなぜ起こるのか

日の出が起こる理由は簡単で地球が回っているからです。(自転)

f:id:yuhaso:20190110162537j:plain

もう説明不要ですよね。

 

月は回っていない

月の模様はいつも同じ「うさぎ」です。決してうさぎの背中は見えません。

これは月が回っていないから(自転していないから)です。

重力は近いほど強いので月の地球側(うさぎ側)の方が月の裏側より重力が強いことになります。

このように重力が場所によって違うことを潮汐と言います。

月の地球側の方が重力によって強く引っ張られているので、月は回れません。※追記2参照

f:id:yuhaso:20190110164224j:plain

 潮汐ロックという現象です。

実際はこの棒が地球の周りをスライドするようにまわっています。(公転)

 

ちなみに

この潮汐力によって海の潮の満ち引きがおこっています。

月のある方が月による重力の影響で引っ張られ、水位が高くなります。逆に月から遠いほうも月の重力の影響が薄く水位が高くなります。これにより、地球の側面(地球を中心として月から90度)では水位が低くなります。

 

じゃぁ、あの動画は何?

回っていなければ、地球の出、日の出も起こりません。

では、なぜあれでは起きているかというと自分(撮影者)が動いているからです。

f:id:yuhaso:20190110171220j:plain

こうすると日の出が起こります
地球の出も同様です。

 

実際は

では実際に月の上で動かずに地球を見るとどうなるでしょうか。

 

答えは一定の場所でずっと回っています。

f:id:yuhaso:20190110172836j:plain

これだけです。

十分ですけどね。 

 

 

追記

実際は月の公転の関係で起こる秤動によって見える事もあるようです。

言い訳をすると「月は回っていない」の所で秤動について書こうか迷っていました。

ただ、これによって地球の出が起こることは盲点でした。

冒頭の「日の出と同じ感覚では見れない」発言は合ってますからね。

秤動

理由は大きく3つあります。

1つ目は月はやや傾いています。(地球も)

f:id:yuhaso:20190115161907j:plain

左では月の上が地球から見やすいですが右は下が見やすいですね。

これは軸は動かないですが、月はいつも地球に向くのでこのような差がでます。

 

2つ目は月が地球を楕円に回っていることにより近いと速く、遠いと遅く公転することによる差により微妙に自転の周期がずれます。

 

上記2つの理由で地球から見えたり見えなかったりする月の縁では地球の出が起こるようです。(地球から見えたり見えなかったりする所では地球も見えたり見えなかったりするので)

 

3つ目は地球が丸いことによる差です。これは地球の出には関係しません。(月自体は動いていないので)

f:id:yuhaso:20190121172232j:plain

AとBでは見える場所が違いますよね。

 

追記2

厳密に言うと月は自転していて、それが地球の公転と一致するという言い方の方が正しいようです。

 

 ※追記は空き時間にちゃちゃっと書いたのでいろいろ雑です。